気付かない内に発症しているうつ病|対処方法を解説

他人ごとではありません

女性

接する時の心がけ

うつ病という病気は決して他人事で済まして良い病気ではありません。現在日本ではおよそ15人に1人がうつ病の症状で苦しんでいる、または実施に病院で病気の治療を受けていると言われています。自分が発症する可能性も十分にありますし、それ以上にうつ病を発症している人と接する機会も十分にあり得るのです。うつ病は特に重症でもない限り身体的に重い症状が出る丈ではないので、病気の治療をしながら会社や学校に通っている人もたくさん居ます。うつ病の人と接する際にはどのような事に気を付ければよいのでしょうか。家族にうつ病を発症している人が居る場合、症状によっては医師から学校や会社を休むように指示され、長期的に休むことになる場合があります。周りの人からすれBな症状に甘えているように思えるかもしれませんが、ほとんどの場合、本人は長期的に休むことに対して罪悪感でいっぱいです。決して早く復帰するように促すようなことはしないようにしましょう。うつ病の改善に焦りは禁物です。焦らせると逆効果となり、さらに症状は悪化します。家族は本人が病気に苦しんでいることを受け入れ、むしろ焦らないようにアドバイスするようにしましょう。また、話しかける際にも心がけが必要です。うつ病の人はとにかく気分が沈んでいる状態なので、あまりにも大きな声で元気に話しかけると、自分の気持ちと話しかけてきた相手との差によけいに気分が落ち込みやすいです。話しかける際には優しい口調で、すこし小さいと思うくらいの大きさで話しかけるのが一番です。落ち込んでいる人に対しては励ましたい気持ちにはなりますが、励ましの言葉もあまり効果的ではありません。特に頑張れという言葉は禁句とさえ言われています。うつ病を発症した人はそのほとんどが限界まで頑張ったことによってこころがいっぱいいっぱいになっている状態です。そんな状態で頑張れと言われると、これ以上何を頑張ればいいのかという気持ちになります。基本的にまじめできっちりとお物事をこなす性格の人が発症しやすいので、あまり頑張らせず、ゆっくり休むことに専念させましょう。

Back to Top