気付かない内に発症しているうつ病|対処方法を解説

治療費の事

悩む人

どれ位の費用が必要か

うつ病の場合、放置しておいても良くなるとは限らない為、実際には病院で診察を受けてその状態に合わせて治療を受ける事になっています。実際に治療を受ける際は、診察代、薬代、カウンセリング代等が発生し、その治療を受ける期間はその人の症状や状態によっても変わります。ただ全額自費で治療するわけではなく健康保険が適用される仕組みとなっており、さらに最初から高額な治療費の請求があるわけでも有りません。治療を受ける場合、初診では大体3000円から6000円、さらに1回の治療では3000円位が費用の相場となっています。ただうつ病には個人差も有るため、この金額よりも高額になる場合も有れば、安くなる場合も有り、一定ではありません。また買うセリングを受ける場合、病院で受けられる時は5000円から10000円程度、開業している人の所に行く場合は10000円から15000円が相場です。さらにカウンセリングの相場自体は地価も関係しており、都市部と地方ではどうしてもその金額に差が出てしまう場合も有ります。ただ、高い治療費の方がうつ病に対して高い効果を得られるかといったらそうではなく、治療には医師やカウンセラーとの相性も重要になって来ます。これは、相手との相性が良い方がより相手の話を素直に聞きやすくなるという面が関係しているからです。したがって、高額な治療の方が一概に良いと言う訳ではなく、人によってはリーズナブルな方が良い場合も有ります。実際には利用者の評判を調べ、さらに自分が実際にその病院に行って診察を受けてその医師との相性はどうかを判断します。また費用の相場自体は1回の診察で3000円程度と言う事になっていますが、これは健康保険が適用されて3割負担となった状態です。さらにうつ病の場合は公費での支援制度もあり、自立支援医療制度を利用する事ができれば治療費の自己負担額を1割まで抑えることができます。この様な制度を上手に活用することができれば、うつ病の治療での治療費を抑える事も出来、治療に専念しやすくなります。

Back to Top