気付かない内に発症しているうつ病|対処方法を解説

対処の仕方が重要です

医者

治療は早いほうが良いです

うつ病になる人は年々増えていて、15人に1人という割合となっています。そのため、他人事ではなく掛からないようにすることが大切です。そして、症状も人それぞれですが、主なものに心が沈みやる気が出なくなったりします。そして、症状が進行すると食欲不良や頭痛などという体に現れてきます。そして、基本的な治療では、精神内科などで診察をして治療を進めることが大切です。ちなみに、実際に医療機関にかかっている人は100万人以上となっていますが、実際に治療をしている人は4人中3人となっています。実際に治療をするにあたってカウンセリングから始まります。その時に確認されることでは、家族構成や病歴のほかに仕事の事や人間関係について聞かれていきます。うつ病の原因としては大きく分けて環境要因と身体的要因があります。環境要因は、人間関係や仕事や生活環境の変化などがあげられます。そして、身体的要因としては慢性的な疲労の蓄積やホルモンバランスの変化があげられます。もちろん、これらの原因が重なることによって症状として現れることが多いです。そして、カウンセリングを受けることによってどのタイプなのかが判明します。種類としては大うつ病性障害や躁うつ病などがあります。大うつ病性障害は一般的に多く、興味や関心がなくなることや体重の減少などという症状がおこります。そのため、疲れているのだと感じる人も多いのですが、数カ月症状が続くようであればしっかりと病院で診てもらうことが大切です。そして、躁うつ病は起伏があり、気持ちがいい日と落ち込む日が繰り返されます。治療法としては、基本的には薬によって症状を抑えるという治療が行われます。抗うつ薬によって脳内環境を整えて神経伝達を改善することで、情緒を安定させる効果があります。服用期間としては半年くらいですが、症状によっては長期間の服用が必要なことがあります。それに加えて大切なのが環境の改善や家族のサポートです。そして、精神療法によって否定的な気持ちになるのを客観的に整理できるようにしていきます。もちろん、専門的な知識を持った医師がカウンセリングをするため、気持ちが楽になっていきます。このように、治療を進めることによって徐々に改善していきますが、途中で治療をやめると元に戻る可能性が高いので、しっかりと治療を受けることが重要です。

自殺を減らす為に

聴診器

現在自殺が多い。そしてうつ病が原因で自殺する人が3割弱もおり、これを減らす事で自殺が減るはずです。厄介な点はうつ病が社会から認められず重症化するまで放置している事です。うつ病を減らす為には周囲の人が気づく事が重要です。

Read More

他人ごとではありません

女性

うつ病はごく身近な病気といっても過言ではありません。実際に病気を発症する人と接する機会が訪れる機会も十分あります。その際は心情をよく理解し、会社などを休んでいる場合は復帰を急がせないようにしましょう。

Read More

治療費の事

悩む人

うつ病の場合、治療費は大体1回3000円程度が相場となっていますが、その人の症状や治療法でも金額は変わります。出来るだけ評判が良く相性も良い医師に治療を受ける事がポイントで、自立支援医療制度を利用して費用の節約も可能です。

Read More

医師との面談が特徴です

相談

うつ病とは精神的な疲労などで起こる精神疾患であり、程度や症状の違いなどによって数種類に分類されています。行われる施術は専門医によるうつ病チェックや抗うつ剤の処方などが挙げられます。早めに改善するためにも、無理のないように休むことも重要です。

Read More

誰でも発症する

女の人

うつは誰でも発症することがあります。特にストレスがかかると発症しやすくなるので、気をつけましょう。また、発症したら精神科や心療内科の受診がお勧めです。適切な治療を受けられれば、早急に社会復帰することもできます。

Read More

Back to Top